ミニマルトライアスリート ダイアリー

ミニマリストです。トレイルランニング・マラソン・トライアスロン・登山などなどについて自分の思ったことを書いていきます。

【台湾旅行】2歳の娘と家族旅行!九份、新幹線で台湾らしさと日本らしさを感じました。【4、5日目】

こんにちは、今回は台湾旅行の4、5日目について書きたいと思います。
 
今までの記事はこちら
 
台北最終日だったので、おそらく台湾で最もメジャーな観光地である「九份に行きました。
MRTで忠孝復興駅に行き、そこから 九份直通のバスに乗りました。行く前まではタクシーで行ったほうがいいか悩みましたが、バスで全然問題ありませんでした。
九份は、千と千尋の神隠しのモデルとなった場所で狭い路地に赤い提灯が並んでおりきれいでした。僕らが行ったのは午前中でしたが、夜の方が幻想的な景色が見れるようです。
 
台北駅に戻り、台湾の新幹線である「台湾高速鉄路」に乗りました。前日に「kkday」というサービスを利用してチケットを安く購入しました。窓口ではパスポートとスマホの画面を見せればスムーズにチケットを買うことが出来ました。
 
台湾高速鉄路で台南に向かいました。
 
着いてから気づいたのですが、 台湾高速鉄路の台南駅と台南市街は少し離れています。そこで今回初めて「Uber」を使用しました。
 
Uberは、個人タクシーの進化版みたいなものです。アプリを開き、行きたい場所を入力するだけで車を呼ぶことができます。その際に事前に料金がいくらか分かるので安心です。
ドライバーは、目的地がどこかあらかじめ知っているので、乗ってから説明をする必要がありません。
料金は登録してあるクレジットカードを介して支払われるので、直接の現金の受け渡しが必要なく安心です。
今回の旅で数回利用しましたが、どの車も僕の車なんかより立派できれいでした。
こういった新しいサービスは興味があるので、使えてよかったです。
 
 
宿泊したホテルは「MINI HOTELS」です。
 
今回の旅で使ったホテルで一番安かったと思いますが、娘の満足度は一番だったと思います。
部屋のエレベーターを出ると、子供が好きそうな絵が壁一面に書いてありテンションが上がります。部屋は広くはありませんでしたが、清潔でした。
泊まった部屋にはロフトがあり、娘は何度も階段を上ったり下りたりしていました。
ちなみに、この先ホテルに入るたび「階段は?階段は?」と聞いてくるようになりました(笑)
 
娘の一番のお気に入りは、ロビー近くにあった車のオブジェです。おそらく本物の車を切断したもので、ハンドルを握りながら遊んでいました。
 
 
 
【5日目】
 
旅につかれてきたせいか、チェックアウトの12時ぎりぎりまでホテルで休みました。なので観光も少なめ、この日はRainbow villageという場所に行きました。

この場所は、1人のおじいさんが暇だったから町をペイントした、という一帯です。
なんだかそこの空間だけ異世界といった感じでした。が、娘の反応はいまいちでした。
 
宿泊先は1968 Blue sky hotelでした
 
サイトをみるとおしゃれな感じがいいかなぁと思ったのですが、値段の割には普通でした。
 
つづく